井上康生柔道全日本監督との飲茶会

急な企画となりましたが、東海大学体育学部准教授の井上康生氏が来港する機会に、2016年10月12日に同窓会にて同窓会昼食会を実施いたましたのでご報告申し上げます。

企画致しました。井上康生氏はシドニーオリンピックで金メダルを獲得した柔道家で、2011年4月からは全日本代表コーチとしてブラジルオリンピックに望み、科学的なトレーニング等の改革で金メダル2個を含む全階級メダル獲得で日本柔道を復活させた方です。

井上康生柔道全日本監督が外務省スポーツ交流事業の一環として来港され、本日、在香港日本国総領事館を通じて、東海大学同窓会香港華南支部との昼食(昼飲茶会)が実現しました。

toukai-u-ivent-2016-10-121 toukai-u-ivent-2016-10-123toukai-u-ivent-2016-10-125toukai-u-ivent-2016-10-124toukai-u-ivent-2016-10-126toukai-u-ivent-2016-10-122

 

toukai-u-ivent-2016-10-128 toukai-u-ivent-2016-10-129toukai-u-ivent-2016-10-1210toukai-u-ivent-2016-10-121

toukai-u-ivent-2016-10-127

8月のオリンピックでは、我が国のお家芸である柔道が、男子全階級メダル取得という52年ぶりの快挙でV字復活を遂げました。選手皆さまの努力も並大抵では無かったと思いますが、井上監督のご指導が、日本の実力を引き出したことは間違いないと思います。その興奮も冷めやらないタイミングで、日本中が注目する井上監督とのご面会。少し緊張しました。

感想は、一言でいうと、「若き紳士」という事です。自分はいろいろ反省させられた気がします。さすが、ニッポン代表は磨かれているのですね。スマートだけでは片付かない格闘技としての精神論、世界で戦うためのパワー、世界交流、4人のお子様のお話し。。。おかげさまで、忘れかけていた、志を大きくして真っすぐ前を向くことの尊さを思い出させてくれました。
今回は、本当に短い時間でしたので、またお会いする機会があればうれしいと思います。
我々も、海外で働く日本代表という気持ちで負けずに頑張りたいと思います。

 

佐々木/東海大同窓会 香港華南支部 支部長

5大学合同の「イカ釣りイカナイト」報告

2016年5月28日(土曜)に、東海大・明治・法政・同志社・関西大の5校の同窓会が集まり、「イカ釣りイカナイト」イベントを開催いたしました。以下はそのご報告です。

東海大同窓会香港華南支部からは、岩田さん、Loveyさん、小玉さん、石水の4名が参加いたしました。九龍組(Loveyさん、小玉さん、石水の3名)で、尖沙咀駅付近のパーキンショップで買出しを行い、スターフェリーでセントラルへ。下記は買い物リストです。4名(50ドルx4=200ドル)の予算はちと厳しく、70ドル強の足が出た為、会費から補填させて頂きました。

1)ビール:12缶パック x 1
2)ワイン:赤1本
3)水 1.5Lボトル:1本
4)コーラ 2Lボトル:1本
5)使い捨てコップ・紙皿・竹箸・紙ナプキン

前日に通過した熱帯低(シグナル3)の影響で、スターフェリーでセントラルへ渡る途中に雨がかなり激しくなり(一時は黄雲)、イカ釣りの開催が可能なのか、かなり不安になりました。

17時には10号埠頭に着き、岩田さんと合流しました。

埠頭には来たが参加費だけ幹事に手渡して帰ってしまう方も出て、臨時の幹事会で状況を検討。船手配担当の瀬崎さんが船長と携帯電話にて延期の交渉をしましたが、船長の判断は「問題ない」という事で決行と決まりました。そこで、3歳以下の子供さんとお母さんは「その場の判断」で参加費不要で帰っても良いという事にしました。

激しい雨も18時を過ぎる頃には弱まり、セントラルの10号埠頭には、午前に出港した船(特に白人グループによる船が多かった印象)がどんどん戻ってきて、賑わいはじめました。各校の参加者がどんどん集まってきましたので、各校にて参加費の徴収を行い、全体会計係の吉岡さんが各校からの集金を終え、乗船前の18時半に全体写真を撮りました。

事前のキャンセルと悪天候によるドタキャンを含めて、最終的には下記の人数が参加となりました。

東海大(幹事:石水):4名
明治(幹事:渡辺):7名
法政(幹事・名前ラベル準備:谷川):9名
同志社(幹事・船手配:瀬崎):23名
関西大(幹事・会計:吉岡):9名
合計52名(3歳以下はゼロ)

悪天候のために直前のキャンセルがかなり発生し、1隻30名を割ってしまったため、不足分(法政から6名分のキャンセル分を負担して頂いた為、残り2名分の500ドルを5大学にて均等割で清算しました。

予定時間を10分くらい過ぎた18時40分ごろに、2隻の船が埠頭に到着。事前に準備した乗船表に従って、それぞれの船に乗り込みました。1隻目の船は同志社の瀬崎さんと法政の谷川さんに仕切って頂きました。2隻目の船は明治の渡辺さんと関西大の吉川さんに仕切って頂きました。他校は参加者を二分して2つの船に分けましたが、東海大はもともと参加者が少なかったので、1隻目の船に全員が乗り込みました。

 

さて、東海大は1隻目に4名全員が乗船したので、以後はその船内での出来事については私(石水)の一人称形式でお話させて頂きます。

船が埠頭を離れてから、まずは全員が船内に集まり、瀬崎さんから幹事の挨拶。
ところが挨拶の最中に、ケータリング(業者が用意した食事)が見当たらず大いに焦る事態が発生。
ただし、船尾のテーブルの下に大きめの発砲スチロールの梱包が見つかり、早々に事態収拾しました。

船内と船尾のテーブルに、早々に食事とビールが並び、将軍澳の沖合に到着するまでの半時間ほど、いろいろな方と懇談の時間となりました。
食事の内容は、茶餐店の料理のような感じでしょうか。

さて、気が付くとすでに船は停泊し、船員が用意したイカ釣り用の「仕掛け」を渡されて、次々とイカ釣りが開始されておりました。

私もようやく「仕掛け」を受け取り、船の左前方のデッキへ移動。
ライトの下へ仕掛けを投入して、しゃくり始めました。
水面下1−2メートルくらいのところに、時折、イカの魚影がみえる事もあるのですが、しゃくれどもしゃくれども、イカさんは仕掛けにかかってくれません。
しばらくすると、私の左手の方が「あー、釣れた釣れた!」と声を上げながらイカをゲット。
私もがぜん、やる気が出てきたのですが、やはり釣れず。

船の右前方デッキへ場所を移り、岩田さん・小玉さんと並んで釣り始めましたが、やはり駄目。
岩田さんは何度かイカと遭遇するも、墨を吐いて逃げられたそうです。

時間はどんどん過ぎるも、東海大のメンバーはだれも釣れず。。。
と思っていたのは私の誤解で、左側デッキにおられたLoveyさんが既にイカをゲットしていました。

このニュースに岩田さんと小玉さんと私は勇気付けられて釣り再開。

私はLoveyさんの隣へ移動しました。

他校からいただいた芋焼酎をストレートで飲みながら、水面下のイカさんと対話を試み続けるもついにタイムアップ。
嬉しいニュースは船の右側デッキで唯一、岩田さんがイカをゲットしました。
これで東海大は2匹になりました。

やったー、4人のうち2人がイカをゲット。
これは凄い確率ではないでしょうか、などと喜んでいたら更に驚くべきニュースが飛び込んできました。
二隻目の方では、一人で19匹釣ったかたがおられたとの事。
オーマイガッ!

東海大の「釣りコンペ」入賞は遠ざかって行きました。

船はセントラル目指して出発し、長いようで短かった「イカ釣りイカナイト」イベントがここに終了しました。
私はアルコールのおかげで埠頭に到着した記憶がなく、気がついたら太子道のMTR駅の周辺を延々歩きまわって、ようやく深圳に戻るバス駅にたどり着きました。

以上

東海大同窓会香港華南支部事務局 石水

(*)諸般の事情で、イベント中の写真は割愛させて頂きました。

香港日本人補習授業校へ寄付

香港日本人補習授業校(Hong Kong Japanese Supplementary School)は、平日に現地校やインターナショナルスクールに通う日本人の子どもたちが、週一回、日本語で学ぶ場所です。日本の文部科学省の学習指導要領を元に、日本の小学校の教科書等を使用して、国語等の補習授業を行います。(紹介文は下記ウェブサイトより引用)
http://www.hkjss.hk/

東海大同窓会香港華南支部の佐々木支部長が4月18日に日本人補習授業校を訪問し、原監督イベントでスポンサー様から集めたお金のうち、イベント後に余ったお金の中から3万HKDを香港日本人補習授業校へ寄付致しました。

1

スクリーンショット 2015-04-20 9.45.44
これを機会に将来、香港日本人補習授業校から東海大へ進学する学生があれば素晴らしいですね。
今後とも東海大同窓会香港華南支部をご支援頂きますよう、宜しくお願いします。

事務局 石水

 

 

 

 

原辰徳監督を招いて講演会・野球教室

東海大学同窓会香港華南支部が主催者となり、読売巨人軍原辰徳監督を香港に招いて1月10日は講演会・懇親会、11日は野球教室を開催致しました。講演会には600名を超える来場者があり、翌日の野球教室では原監督自ら少年たちにノックをするなど大盛況のうちに全てのイベントを無事に終了する事ができました。

原監督講演1

講演会 全体集合写真1

懇親会(集合写真)

野球教室 集合写真(選手とコーチ)

 

これらのイベントを成功させる為に、同窓会の実行員と同窓会ボランティアメンバーの他に、多くの方々の協力と支援を頂きました。そこで、イベントの開催の為に協力頂いた方々を紹介し、開催までの活動内容についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

今回のイベントを改めて整理いたしましたので全体の概要を改めてご報告致します。

1)常任実行委員
佐々木拓也支部長(イベント・プロジェクトリーダー、当日はVIP担当)
高橋正浩副支部長(当日は現場監督)
松本裕之会計担当(当日は会計係)
石水智尚事務局(連絡係、当日はタイムキーパー兼監督助手)
Lovey Chan事務局(当日は司会)
佐井郁文さん(パンフとチケットのデザイン・印刷担当、当日はスポンサー様担当)
岩田直人さん(懇親会の席順作成、当日は司会)
Raymond Chanさん(懇親会の準備と受付責任者)

2)協力者(一部スポンサー含む)
鈴木清校長先生(香港日本人小学校)
高木秀副校長先生(香港日本人小学校)
平井祐教務主任(香港日本人小学校、学校側のプロジェクト総責任者)
酒井隆行さん(リトルリーグ側の野球教室の総責任者)
程田聡哉さん(NNA)
田村まどかさん(NNA)
松田大至さん(NNA)
榊原健さん(NNA)
長谷川中さん(信越夏寧斯(香港))
関根百奈美さん(ANA)
穂山浩平さん(領事)
山口有子さん(INTERCONTINENTAL HONG KONG)

3)会場ボランティア
大迫修子さん(同窓会、受付係)
當麻美咲さん(同窓会、受付係)
佐藤照美さん(同窓会、受付係)
山田しのぶさん(同窓会、受付係)
尾形志保さん(同窓会、受付係)
木村学さん(同窓会、廊下の誘導係)
小玉恒さん(同窓会、体育館の誘導と写真撮影係)
戸丸先生(香港日本人小学校、廊下の誘導と連絡係)
宮原先生(香港日本人小学校、体育館の誘導係)
マスムラ先生(香港日本人小学校、体育館でマイクでの誘導係)

4)運営資金をご提供頂きましたスポンサー様
溝口 鉄一郎様(MRT(H.K.)CO.,LTD)
山崎隆博様(飯田通商)
澁谷 ⼀仁様(KAJIMA OVERSEAS ASIA PTE LTD)
中内知紀様(POWER(H.K.) FASHION CO., LTD)
田口健志様(NIFCO(HK)LTD.)
笹子善充様(CCM Hong Kong Ltd)
吉田寛様(SUSHI HIRO GROUP)
安部隆孝様(あげ半グループ)
楊井元伸様(A-1 BAKERY)
佐井郁文様(NNA HONG KONG CO.,LTD.)
中山祥⼀様(エヌエヌアイ香港)
山口有子様(INTERCONTINENTAL HONG KONG)

5)大学関係者
後藤俊郎様(学校法人東海大学常務理事)
瀧啓太様(学校法人東海大学交友課課長)

6)同窓会メンバーからの寄付
長谷部浩さん
遠藤智さん
木村学さん
當麻美咲さん
大迫修子さん
尾形志保さん
佐井郁文さん
松本裕之さん
佐々木拓也さん
高橋正浩さん
匿名希望さん

7)講演会のチケット配布を行った団体は下記の通りです。
東海大同窓会香港華南支部 106枚
香港日本人学校 626枚
リトルリーグ(6つの日本人チーム) 106枚
法政チャイナ香港華南支部 7枚
鹿児島県人会 10枚
福岡県人会  10枚
福島県人会   9枚
スポンサー企業様  72枚
チケット配布枚数合計:946枚

8)来場者数
推定650名程度
香港日本人小学校の生徒が150名
パイプ椅子着席者が400名
立ち見の来場者とスタッフがおよそ100名

9)発起からイベント開催までの主な活動内容概要
2014/04/27 尖沙咀の東海酒家にて開催の同窓会総会にて原監督イベントの可能性を検討。
2014/05/02 重慶マンションのインド料理店で会合行い、役割分担を決める。
2014/06/03 NNA会議室で会合を行い、予定・予算・スポンサー等の概要を検討。
2014/07/29 香港日本人学校の会議室で会合を行い、イベントの概要説明、施設の利用方法、参加人数や交通手段について検討。
2014/07/30 香港日本人小学校へ施設利用を正式に申し込む
...
(以後、佐々木支部長・佐井さん・松本さんが中心となり、スポンサー様探しを開始)
...
2014/09/19 尖沙咀のジャーマンパブで会合を行い、スポンサー集めの進捗状況を検討。
2014/12/07 油麻地のLoveyさん事務所で会合を行い、野球教室・メディア関係・予定と開催事項の詳細について決める。
2014/12/12 香港日本人学校の会議室で会合を行い、予定と開催事項の詳細について説明し、現場確認を行う。
2015/01/03 尖沙咀の和僑会の会議室で会合を行い、予定と開催事項の詳細についての最終確認を行う。
2015/01/10 香港日本人小学校で17時から原監督の講演会を開催。19時半から湾仔の東海酒家で懇親会を開催。
2015/01/11 藍田の野球グランドでに9時半から野球教室を開催。

10)メディアの報道
【4連覇へ、実力至上主義で挑む:巨人・原辰徳監督に聞く】
イベント・オフィシャルメディアのNNAより
http://news.nna.jp.edgesuite.net/free/pr_kiji/150112_nna/0113a.html
【The Daily NNA香港&華南版 巨人軍・原辰徳監督独占インタビューin香港】

ネットで検索したところ、報知新聞はじめいくつかのスポーツ紙が関連の記事を報道していました。
http://www.hochi.co.jp/giants/20141222-OHT1T50211.html
http://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/20150111-134-OHT1T50017.html
http://news.livedoor.com/article/detail/9666859/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150112-00000207-sph-base

深圳チームが親睦会

11月10日、同窓会の主催で深圳の羅湖の一幸という日本料理店で深圳在住会員を中心に親睦会を行いました。新会員の山田さんと市川さんを迎えて、おおいに盛り上がりました。

2014-11-10 21.44.26

油麻地で火鍋会

10月18日、油麻地の花園酒家で岩田さん主催の火鍋会を行い、会員5名が集まって美味しい肥牛肉をたらふく食べ、大いに盛り上がりました。ちなみにこのお見せは168元でメニューの全ての料理が食べ放題、ビールとジュール類も飲み放題です。そんな訳で、このお見せを利用される方は、事前に予約するか7時前に入店されるとベターだと思われます。

2014-10-18 21.16.45

4月総会が大学サイトへ紹介されました

我が東海大学同窓会の香港華南支部は、日本の東海大学の傘下にある東海大学同窓会(ここをクリック)の公認団体です。4月の定例総会では、毎年日本の東海大学事務部校友課より後藤理事および瀧課長が来賓として参加頂き、昨年度の活動の総括および新年度の計画などを決めております。

Continue reading